世界最大最長級シールド 本線大井行トンネル001

 大橋ジャンクションから進んできた交通が、湾岸線とリンクする地点となる大井。品川線の建設では、この大井行シールドトンネルは、大井から大橋へと掘進する。全長8㌔、外径12m以上の世界最大最長級シールドトンネルを、高度かつ精緻に組み立てた計画で掘りあげる。「中央環状品川線シールドトンネル工事-2」を施工する大成・大豊・錢高建設共同企業体を率いる大成建設の谷口敦作業所長に、シールドトンネル工事に不可欠なポイントを話してもらった。

→002に続く

0 件のコメント:

コメントを投稿