13年度末の工事完成へ

 首都高速道路株式会社代表取締役会長兼社長
 橋本 圭一郎

 平素より、弊社の事業に格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。2012年3月22日に、当社施工の中央環状品川線シールドマシンが終点である中央環状新宿線との接続部に到達しました。本件工事に関し、地元の方々をはじめとした関係者の皆様の長年にわたるご理解とご協力に心から感謝申し上げます。
 中央環状品川線は、首都圏3環状道路の1つである中央環状線の南側区間を構成する路線であり、東京都と当社が共同で事業を進めているところです。渋滞対策や災害時における代替路の確保の観点から首都圏3環状を早期に整備する必要があると思いますが、本路線が開通すると3環状のうち最初の環状道路が完成することになります。都心部を経由せずに高速湾岸線と高速3号渋谷線を相互に接続し、首都高全体のネットワークが効率よく機能することで都心環状線などの慢性的な渋滞緩和に寄与するほか、物流の拠点である羽田空港、東京港などとのアクセス向上が図られることになります。
 今回到達したシールドマシンは、09年1月に高速湾岸線付近の大井北立坑から高速3号渋谷線の大橋ジャンクションに向けて発進したもので、外径12m以上の大断面シールドとしては、世界でも類のない約8㌔におよぶ長距離掘進を終えたこととなります。東京都施工のシールドマシンについては、11年12月13日に到達しており、また、当社施工の大橋連結路シールドトンネルについても3月8日に掘進を終了していることから、今回の到達により中央環状品川線のシールドトンネルの掘進は全て完了しました。引き続き、トンネル内の道路床板や五反田出入口工事、大橋ジャンクションと中央環状品川線の接続工事など、13年度末の完成を目指して、工事を精力的に進めてまいります。
 今後とも首都高速道路を安全・円滑・快適にご利用いただけるよう様々なサービスの向上に努めてまいりますので、ご支援ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿